1週間ほどイギリスに行ってきた。主たる目的は Postgraduate Certificate in Education (PGCE) プログラムの調査で、今回はロンドン・バーミンガム・オックスフォードを訪問した

教室をベースとして「学級・学校経営」についてより深く学び、教育の現代的課題に向き合っていく。教員養成高度化の議論において、そうしたことが重要視されていることは理解しているが、私は、敢えて教科教育の専門性について考えたい。私の場合、具体的にはPGCEプログラムが外国語(Modern Foreign Languages)教育に対して何ができるか、外国語教師は何を求められるかということである。

Continue reading