Month5月 2015

[雑感027]「教員(養成)」に対するナイーブな信念の功罪

前の2つの記事に対して少なからぬ反響をいただいた。ありがたいこってす。そこで改めて感じたこと。長文失礼。ひとことで言えば、“Get real.”

Continue reading

[雑感026] 微笑を誘う英語の物語(雑感025補遺)

前記事の補足。

Continue reading

[雑感025]「英検」要求の耐えられない軽さ

文科省からこのデータが公表されるたびに、やんややんや議論が喧しい、英語教員の「英語力」問題。

事情を知らんやつと自分の「英語力」自慢したいだけのやつ、自分の「正義」振りかざしたいだけのやつは黙っとけ!で終わりたいのだが、毎年繰り返されるので書いておく次第。この記事に関係なく、いらんこと言っては騒ぐ人たちが黙ってくれるのであれば、それは勿論やぶさかではない。

Continue reading

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。

[レビュー014] 『荒木飛呂彦の漫画術』!読まずにはいられないッ!

ジョジョの奇妙な大学教員としては当然、出版されたと思ったらいつのまにか読んでいた。何を言っているのかわからねーと思うが、ひとりのプロフェッショナルの哲学と仕事に対する姿勢に触れられるという意味で、漫画に対する造詣やスタンド能力の有無にかかわらず読んで損をしない本だ。荒木作品からの引用がふんだんに盛り込まれているのも集英社の新書ならでは。

手にとってもらったほうが早いので、中身についてくどくど解説するつもりはないが、研究もつまるところは人間讃歌のはずなので。

Continue reading

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。