Pocket

MacのOSアップデート関連の話。

Macのインターネット共有機能、便利ですよね。自宅と職場のiMacをアクセスポイントにして、MBAやiPhoneのWiFiにしています。

OSをYosemiteにアップデートすると、この機能がオフになってしまいました。「共有」のところで「インターネット共有」にチェックを入れても一向に反応しません(共有が成功すると、メニューバーの扇型のWiFiマークに上矢印が表示される)。

記事にするほどのことでもないかと思ったのですが、一瞬戸惑ったので、同じ症状であれれ?となった人のために、私の場合の解決を書いておきます。

いったん「インターネット共有」のチェックを外し、「Wi -Fiオプション」をクリックします。すると、セキュリティが「なし」になっていました。Marvericks以前の時からパスワードは設定していたはずですが、これが初期化されてしまったようです。このセキュリティを「なし」から「WPA2パーソナル」に変更し、パスワードを再設定します。これで改めて「インターネット共有」のチェックを入れると成功しました。ふう。