Month8月 2019

[本027] 石川『学校とゆるやかに伴走するということ』

石川さんの新刊

は、大学で教員養成に携わる者や教育委員会等の研修担当者こそ読むべき一冊。

Continue reading

[雑感067] ビッグボイスの乱

亘理 (2019)にも書いたことだが、最近呼ばれる研修等では「むやみに”Big Voice,” “Eye Contact,” “Gestures”と教室の標語やフィードバックで求めるのやめませんか」と憚らずに言っている。それに関係する体験の話。

Continue reading

[雑感066] 社会的な話題の扱いについての覚書

前記事の「検定教科書に同情した補足」の続きのようなもの。

Continue reading

[雑感065] コース教材のメリットとデメリット

秋に、オックスフォード大学出版局(OUP)と数研出版主催の中学高等学校教員向けセミナー2019に登壇することとなった。私の出番があるのは11月17日の東京会場と24日の大阪会場。そこで多少触れるであろういわゆる洋書教材の話。

Continue reading

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。