Pocket

フィクションです(言わば「いいからウマい飯はよ」問題再訪)。

解説しよう!スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス・タクティカリー・ユーティライズド・パーミアブル・インタラクション・ダイナミック・ラーニングとは、

  • 困難な状況に直面しても乗り切れるよう
  • 戦略的に置かれた状況や問いを分析し
  • 自ら答えを導き出せるよう知を活用し
  • 周囲に徐々にその学びを波及させていくような形で
  • 相互作用を積極的に行い
  • 固定的な情報ではなく、動的な知識を構築していく

学習法のことである。

トレメンダスリー・プロフィッタブル・ラブ・レボリューション・ユニーバーシティの指定を受けた大学では、各授業において、このスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス・タクティカリー・ユーティライズド・パーミアブル・インタラクション・ダイナミック(STUPID)ラーニングを実施し、STUPIDポイントの活用など、学習成果の可視化を推進している。今日もワーキンググループでは…

 

ママ「たっくん、大学をオモチャにするのはやめて、お片付けなさいな。ハイパーグローバルこども園に行くお時間よ。」

たっくん, “Yes, mommy.”