Page 2 of 52

[レビュー036]『英語運用力が伸びる5ラウンドシステムの英語授業』(金谷ほか, 2017)

夏休みの個人的課題図書。

一緒に仕事をしている先生がたが「5ラウンドシステム」に言及することもあり、これについての見解を尋ねられることも度々あって、きちんと向き合って検討せねばと思っていた。機会があるなら実際の授業を観れれば尚良いが、本書を通じて、気になっていたことは自分のなかでだいぶ整理された。

Continue reading

[レビュー035] 『日本理科教育史』から学ぶべきこと(板倉, 1968)

比較的、時間に余裕のある時期に進めておく作業として。

からの抜粋(引用は増補版から)。ついには英語教育の話でもないのだが、敷衍して小学校英語の教科書がどうなるか、あるいはどういう段階にあるかに思いを巡らせてもらっても構わない。少なくとも英語教育についても今こそこういう研究が必要だということは言える。

Continue reading

[レビュー034] 異言語との出会いがもたらすもの(滝浦・佐藤(編), 2017)

前記事のような読後コメントとも違って、

の第15章の実務的な文献ノート。前記事で紹介した文献を読んだ方にはつながりがそれとなく伝わるかもしれない。

Continue reading

[レビュー033]『これからの英語教育の話をしよう』(藤原・仲・寺沢(編), 2017)

過日の全国英語教育学会(島根大学)で購入し、編者の一人からもゼミ生用献本をいただいた、

を読了。どちらかと言えば「これまでの英語教育」の世代に読んでもらって関係者に猛省してもらいたいが、ゼミ生にとっては、15年前に学生・院生の頃のわれわれが

で侃侃諤諤していたような一冊になればいいなと思う。

Continue reading

[レビュー032] 良い例は一夜にしてならず(Zamary & Rawson, 2016)

ここ最近は、各人が読みたい論文を事前に指定し報告しているSkype読書会。

の報告を私が担当した。

Continue reading

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。