Page 2 of 54

保護中: [授業][過年度] 英語科教育課程論2017

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。

[雑感056] However that may be

卒論を添削していて気づいたこと、つらつら考えたことを書き出した前記事の続き。書き言葉に見られる諸問題の話、あるいは「やり取り」の拡張。

Continue reading

[雑感055] On speaking terms

卒論を添削していて気づいたこと、つらつら考えたことを書き出したら長くなってしまったので、記事を分けることにした。まずは、やり取り(インタラクション)とスピーチの違いの話から。

Continue reading

[お知らせ][本] 今日の入荷品。

研究室で貸し出し可です(自宅に持ち帰っている場合もあります)。

[雑感054] 2017年をふり返って。

2017年。詰まってました。ものすごくたくさんのことをしたようにも思うし、ものすごく一瞬で過ぎ去ってしまったようにも思います。幸い私自身は大過なく過ごしましたが、身内や恩人を失いました。その喪失感に浸る間もなく駆け抜けたので、この1年をふり返るにはもう少し時間が必要なのかもしれません。

Continue reading

[雑感053]「インプット」やめます。

正確に言えば(学校教育の一環としての)外国語教育に対して「インプット」(input)という用語を使うのはやめます、という話。実際のところ使うのをやめて既に2ヶ月になるので、さらに正確に言えば、外国語教育の文脈で「インプット」という用語を使うのをやめました、という話。以前からずっと違和感を持っていたのだが、

を読んでやめる意志が固まった。つい最近の『英語教育』誌でも「インプット」を冠する特集が組まれていたばかりで、英語教育関係者はこの用語に頼り続けるのかもしれないが、以下に使わない方がいいと考える理由を述べる。もう少し長い論証の予定があるが、さしあたりのメモ。

Continue reading