Pocket

もう少し落ち着いたら,誰も命を落とさず,心がくさくさせずに済むお薦め映画のリストでも作ろうかと思う。とりあえず,もしテレビが通常に戻るなら,まずは「インビクタス 負けざる者たち」(クリント・イーストウッド監督,2009年)など放送してはどうだろうか。

「反逆罪」で27年半の獄中生活を過ごしたマンデラ氏が心の支えにしたという,William Ernest Henleyの詩。映画パンフレットに掲載されていた邦訳詩とあわせて引用。

Out of the night that covers me,
Black as the pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds, and shall find, me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll,
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
どんな神であれ感謝する
我が負けざる魂〈インビクタス〉に

無惨な状況においてさえ
私は ひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流そうと 決して頭は垂れまい

激しい怒りと涙の彼方には
恐ろしい死だけが迫る
だが 長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私は我が運命の支配者
我が魂の指揮官なのだ