Pocket

授業のふり返り解説。大学祭を終えて、今週からいよいよ授業も本格化というところです。

第5回は”Unit 4: Traditions and Rituals”を読みました。Unit 4A: Bride of the SaharaのReading Comprehensionは3問目(During their actual marriage ceremony, Assalama and Mohamed …)と4問目(Henna is used on Mohamed’s feet because he …)の予想が割れました。

3問目の答えは、第2段落にあります。

Following Tuareg traditions, the marriage ceremony is performed at a mosque in the presence of only the couple’s parents. Assalama and Mohamed are absent. A few days later, the celebration begins. For a week, some 500 guests enjoy camel races, sing, and eat rice, dates, and roasted meat in tents under the Saharan stars.

2文目の「新郎新婦はabsent」という情報を見つけられれば、正解の選択肢がこの言い換えであることがわかります。冒頭の段落が結婚に至るまでのシーンの描写も入っていたりしてややわかりにくいので、そこで混乱したかもしれません。問題で聞いているのは「実際の結婚式の間」ですから、1文目をおさえておくと他の選択肢に惑わされなくなるでしょう。「Tuaregの伝統に従って、結婚式は行われる」。「モスクで、二人の両親のみが出席して」。近所のかどうかは書かれていませんが、二人はそこにいないのですから、他の選択肢は選べませんね。

4問目の答えは、第3段落にあります。hennaという単語を探すと、

(…) For the Tuareg, the tagelmust not only keeps out sand and sun, it keeps evil creatures called jinns away, as does henna, a reddish brown coloring used on Mohamed’s feet. It is also a symbol of purity, reserved for a man’s first marriage.

という長い一文が見つかります。これはなかなか厄介です。そもそもこの段落が、このユニットのReading Skill、Dealing with unfamiliar vocabularyの練習のために置かれているようなもので、tagelmustに始まり、馴染みのない固有名詞ばかりです。そういう単語が出てきた場合、前後に必ず説明が付け加えられているか、何度も繰り返し出てきて意味が推測しやすいようになっているから探してみてというのがReading skillの説くところでした。

問題のhennaについては、すぐ後ろに並列されている”a reddish brown coloring used on Mohamed’s feet”がその説明で、「Mohamedの足に使われている、赤みがかった茶色の染料」だというわけです。次の文のItがhennaを指しているので、hennaは純潔の象徴でもあって、男性の初婚の時のためにとっておくものだというわけです。問題はhennaを足に使っている理由を訊いています。平たく言えばこの男は初婚だよという目印で、hennaは純潔の「象徴」とは書いてありますが、彼自身が純粋かどうかはわかりません笑汗涙。

いま「純潔の象徴でもあって」と書きました。何に対して「も」なのでしょうか。Hennaの前を見ると”as does henna”とあります。「Hennaがする(のと同じ)ように」。hennaが何をするのかというと、その前の部分を読みとかなければいけません。この部分の文の根っこは”the tagelmust … keeps out sand and sun”ですが、keepsの前にnot onlyとありますから、それだけではない。次のkeeps evil creatures … awayの前にbut alsoが省略されていると考えます。もちろんitはthe tagelmustを指しています。「Tuaregにとって、tagelmustは砂や日差しを避けるためだけでなく、ジンと呼ばれる邪悪な生き物を遠ざけるものだ(hennaが邪悪な生き物を遠ざけるのと同じように)」。

つまりhennaも、tagelmustと同じように彼らにとって「魔除け」の意味があり、純潔の象徴で「も」あるというわけです。伝統や習慣とは行為に対するそういう意味づけですからね。われわれの周囲でも、結婚披露宴で新郎新婦がウェディング・ケーキをお互いに一口食べさせて、「一生食べるのに苦労させない」という意味がありまして…なんて光景をよく見ますけど、お互いに本当に苦労をかけないような人かどうかは全然、別問題だということです。そのケーキだけじゃ毎日の食事は満たされないもの。