Category文法

[レビュー042][読書会] 文法指導におけるオンラインコーパスの活用?(Kim & Keck, 2014, Ch. 6)

隔週で実施している

の読書会。再び私の担当がまわってきた。その報告資料。

Continue reading

[レビュー040][読書会] 教育文法を考える枠組み(Kim & Keck, 2014, Ch. 1)

久々に読書会をやることになった。

教育文法について考えたいメンバーで上の文献を読んでいくことになり、初回は第1章の報告を私が担当する。

Continue reading

[雑感071][対話編] アセスメントの規準をアセスメントする

次期学指導要領のもとでの評価に関する対話編。このままでは、おそろしくつまらない言語活動やパフォーマンス課題がはびこるか、知識・技能に関して著しく妥当性の低いアセスメントが溢れるかが懸念される、という話。

Continue reading

[授業後015] 小規模校の授業観察で感じたこと

先日、研修会で静岡県内の中学校を訪ねた際の記録。あるいは授業中の生徒の言語使用から見えてくるものについて。

Continue reading

[本018]『若林俊輔先生著作集① 雑誌連載記事』

編者の若有保彦先生(秋田大学)にご恵投いただいた

は、読み始めたら止まらなくて、一気に読んでしまった。少しも古びないどころか、ずっと読まれるべきであったし、学校英語教育に多くの変化が突きつけられている今こそ読まれるべき論考の数々。一般書店での販売はないが、語研を通じてなんと1,000円+送料200円で入手可能とのこと(上記のリンクを参照)。

Continue reading

[雑感061]「文法を学んで何になるのか」という疑問への答え方

院生から拙博論*1に対するリクエストがあり、久しぶりにフォルダを開いたら「四章加筆候補」というファイルを見つけた。結局加筆はしなかったもので、その理由は失念してしまったが、おそらく論文本体に対するまとめの冒頭としては大仰な一般化だと思ったのだろう。戯れにそのまま公開してみる。

Continue reading

[本015]『英語の素朴な疑問に答える36章』(若林, 2018)

研究社から恵投いただいた。ありがたい。教育英文法のまさにお手本。

Continue reading