Pocket

日本教育行政学会第55回大会(オンライン、10月2日〜10月4日)で、10月4日の課題研究Ⅰに登壇する機会をいただいた。

  • 課題研究I「緊急事態に直面する教育行政・教育行政学の課題(1): 『全国一⻫休校』から見えたこと」
    • 【司会】 高野 和子(明治大学)・勝野 正章(東京大学)
    • 【報告者】
      • 報告1: 中嶋 哲彦(愛知工業大学)「教育の地方自治と全国一⻫休校」
      • 報告2: 亘理 陽一(静岡大学)「露わになったこと、見直されたこと、見過ごされていること: 教育方法学から見た『学びの保障』」
      • 報告3: 末冨 芳(日本大学)「一斉休校と子ども・若者・家族: 誰が実態をとらえ支援したのか?」

本来であれば北海道大学で開催の予定で、母校に錦を飾るではないが、いつもの研究会などとくっつければ一石二鳥だと思って喜んで引き受けたのだが、オンライン開催となって札幌は遠い。

ともあれその告知と、発表要旨に載せられなかった参考文献を掲載する記事。

昨年度までは週に1回程度は小中高の授業見学の機会を得ており、本来であればそこでの観察や聞き取りに基づいて実態を記述していたはずだが、今年度は、要旨執筆時点で学校訪問自体3度に留まり、授業を直接見られたのは6月に1度のみである。それ故、休校期間および再開後の学校の実態について主として新聞報道等に依拠することを容赦願いたい。

(要旨: 発表要旨集録に掲載)

参考文献: