レビュー
[本110] 大津『ワイド新版 英語学習 7つの誤解』

[本110] 大津『ワイド新版 英語学習 7つの誤解』

Pocket

大学教員となって15年目に、15年ぶりに本書を読み直してみると、あまりにも自分の血肉と化している部分が多くて、結局大津先生の掌の上かよ!と勝手に悔しくなった。

加えてすごいと思うのは、単なる再版ではなく、全体にわたって記述は足され、文献情報もアップデートされ、「達人」の回答者も増えている。判型的にワイドなだけでなく、増補新版なのだ。

著者の言う通り、7つの誤解がなくなるどころか、強まっている誤解もある現状が何より問題だ。昨今で言えば特に誤解7だろうか。むやみに「科学的」を謳う業界の悪弊に対する怒りから『英語教育のエビデンス』を上梓するに至ったのも、言うなれば「掌」の延長と言えるかもしれない。

新書ではなくなったが、その分、読みやすいレイアウトになって、オシャレさも増した。広く読まれてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。