教育
[本091] 岩倉『吉野源三郎の生涯』

[本091] 岩倉『吉野源三郎の生涯』

Pocket

趣味の読書だが、戦前編だけでも濃厚で、淡々と重ねられる近現代史の一行一行が重い。とても軽く読み流せない(と言いつつ勢いで最後まで読んでしまったが…)。

吉野さんが編集主任を務めた戦前の日本少国民文庫の現物を持っている人は少ないと思うが(写真の2冊は1936年発行の1937年と1939年の増刷)、国立国会図書館のデジタルコレクションで読めるようになっていた。素晴らしいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。